聖水と黄金だけを食事にされながらも生き延びている飼育奴隷達


茜女王様は外出から帰宅する、専属奴隷1号2号は急いでお出向いするが3号は遅れてしまう、すると茜女王様はいきなり3号の顔面を蹴り上げる、出向いは遅れてはならないのである。帰宅した後は外を歩き回って汚れたブーツの舐め掃除がルールである、専属奴隷達はすぐさま汚れたブーツを舐め始める、手を抜けば乗馬鞭で叩かれる、茜女王様は3号を足置きにしてソファーに座るとブーツの靴底も舐め掃除させる、靴底の溝に詰まった小石まで舐めて飲み込ませる徹底ぶりだ。茜女王様はブーツがピカピカになるまで舐めさせると2号3号に玄関にある靴を全て舐め掃除するよう命じ、残った1号の前でショートパンツとパンティーを脱ぎソファーに座り開脚してオマ〇コ丸出しにすると「何してるの?帰宅したら1日蒸れて汚れたマ〇コの舐め掃除でしょ、さっさとオマ〇コ舐めろ!」と舐め掃除させる、茜女王様はオマ〇コのどこが汚れているか1号にしっかり見て確認させビラビラやクリトリスの皮や穴の奥まで舌を入れて完璧に汚れを飲み込ませる。舐め掃除が終わると茜女王様は「オマ〇コきれいになったか?舐め残しは無いか?無ければ今度は舐めて私を悦ばせなさい」と舐め奉仕を始めさせ「掃除と奉仕は舐め方が違うのよ」とゆっくり丁寧にマン筋を舐めさせ、穴の奥まで舌を入れさせ、クリトリスは唇で包んで吸わせて快楽を楽しむ。

タイトルとURLをコピーしました