誘惑家庭教師の貞操帯体罰授業


浪人生の元へ家庭教師がやって来る、家庭教師は5年連続で落ち続けている3流大学を低レベルの大学とあざ笑うと勉強を始める、家庭教師は早速「暑いね」とシャツの前ボタンを外してパタパタ仰ぎノーブラの胸をチラ見せし誘惑を始める、浪人生は胸チラに気が付きノーブラの美乳が気になってチラチラ見て勉強どころではなくなり、家庭教師は「どうしたの?フフフ」と浪人生が困っている様子を楽しむ、家庭教師の誘惑はエスカレートし床に置いたカバンから携帯を出す時に腰を上げたままかがんでTバックパンティーを見せ、机に乗ってミニスカのフトモモを見せつけ、浪人生の横に座るとシャツからはみ出そうな美乳を浪人生の腕に押し付け顔を目の前まで近づけたりする。浪人生は勃起してしまいジャージがテントを張ると家庭教師はクスクス笑い「性欲に負けて勉強できないね、セックしてるの?オナニーだけ?毎日オナニーして猿みたいじゃない」と小バカにし「勉強で学んだ事オナニーで射精して全部吐き出しちゃってるんじゃないの?だから受験受からないのよ」と笑う。家庭教師は浪人生が勃起すると手を浪人生のフトモモに置いたり股間に近づけたり勃起チンポにわざと手をぶつけたりして困る浪人生をニヤニヤ見ながら誘惑をエスカレートさせる。帰り際に家庭教師は「オナニーして勉強吐き出しちゃダメよ」と手をシコシコしごいてるように動かして笑う、しかし浪人生は家庭教師が帰ると家庭教師の飲みかけのコップを舐めながらオナニーしてしまう。翌週家庭教師はノーブラでワキが大きく開いたタンクトップ姿で来て誘惑を強め「性欲に負けないようにスパルタ教育しないとダメなようね、間違えたらお仕置きします」とワザと胸や脚を見せ体を密着させ浪人生が間違えると頭をバンバンと叩き笑う、体罰の始まりであった。

タイトルとURLをコピーしました