ギャル達のマゾ男狩り奴隷への扉


SARAとアヤは遅れて届いた宅配ピザの男に因縁をつけ乳首やズボンの股間を撫でまわし男の抵抗が少ないことからマゾの匂いを感じ、服を脱がしブーツで踏みつけ、つま先を口に突っ込み靴底を舐めさせる、そしてピザを口に入れかみ砕くと男の口や顔に吐き出し食べさせ、床にも吐いてブーツで踏み靴底や床の潰れたピザを食べさせる。SARAとアヤはこの男がマゾだと確信しいつものように部屋に連れ込み調教を繰り返し奴隷への扉を開けさせマゾへと覚醒させ、また1人専属マゾ奴隷を増やす魂胆である。

タイトルとURLをコピーしました