生涯を愛するミストレスに捧げた男


男は屋敷ではマゾ豚と呼ばれ常時貞操帯装着で射精管理されている。マゾ豚は乗馬鞭をもったミストレスに監視されながら雑巾で床磨きをされられている、ミストレスはマゾ豚を足で突き飛ばす、手をヒールで踏みつる、鞭で叩く、フトモモに顔を挟む、ツバを床に吐いたりして意地悪をする。マゾ豚は立たされ意味もなくミストレスの気分で連続ビンタや乳首をつねられおもちゃにされる。マゾ豚は仰向けで寝かされ口開器で口を開けられたままクリアボードを手と足で持たされ人間テーブルにされる、ミストレスはテーブルに置いたワインを飲みながらマゾ豚をニヤニヤ見下ろしながら読書をする。

タイトルとURLをコピーしました