小剛流浪記18 美女ダンス先生に引き取られた その1


前回の続き、小剛は美女のところから逃げ出してごみ箱に戻った。食べ物があればと祈りながら悲惨な生活を送ってる。ある夜、小剛がごみを漁っている時、美女ダンス先生が寄って来た。小剛の汚さといやらしさを見て路上の唾を舐めさせる。そしてそのまま美女ダンス先生は小剛のことを奴隷にしたくなり家まで連れて行った。部屋に入ると早速美女ダンス先生による調教が始まる。靴底や足を舐めさせ、床に吐いた食べ物を食べさせ、口をゆすいだ水を飲ませる。(日本語字幕・英語字幕)

タイトルとURLをコピーしました