限界まで続く調教・女神に体を捧げた奴隷達


専属奴隷を1匹飼っている妖湖女王様は奴隷市場から新しい奴隷を購入してくる、新人奴隷は屋敷でのルールを知らないため妖湖女王様は専属奴隷の調教の様子を見させその厳しさを理解させる、妖湖女王様は専属奴隷を馬にして日課である乗馬を楽しむのだが馬のスピードが遅いため罰として尻をスパンキング鞭やケインで滅多打ちにする、鞭が強すぎて専属奴隷の尻はあっという間に血がにじみ腫れ上がる、そして金玉を縄で縛りリードとして引っ張りながら犬の散歩を楽しみ、リードを新人奴隷に引っ張らせたまま盛り上がった金玉を痛みつける。妖湖女王様の厳しく容赦のない調教を目の当たりにした新人奴隷は大変な女王様に買われてしまったと気が付き恐れおののく。

タイトルとURLをコピーしました